どうなのよ

うつのいとこが「もっと運動やっておけばよかった」と正月の親戚の集まりで言ったそうです。

それにモノ申します。

「今から運動やればいいじゃん」

この発言は、「文科系のおしとやかな部活をやらないで、運動系の活発な部活をやっていればこんな鬱にならなかった。運動系の部活に反対した親が悪い」という意味合いが含まれています。

完全に、自分が打つになった理由は親のせいだという事になっています。

このいとこは、今の自分が嫌いなんでしょうね。
でも、その文科系の部活をやっていた時の彼女は輝いていました。

すごくかわいくて有名だったし、もてまくっていたし。
しかし今は、顔が暗い。
そして老けが激しい。
昔の面影はどこへやらです。

そうやって人のせいばっかにしてっから這い上がれないんだよっ!って言いたいけれど、こういう事言ったらダメなんですよね、うつの人には確か。

なんだかなあって感じです。

私だったら、今すぐ運動始めますけどね。
もし自分がやりたいと思ったら。

とにかくやってみないと今の自分からはいつ会で経っても脱却できないのは真実です。
そして、何か新しいことを始めたから合われることって結構あります。

例えば、運動でなくても、何かの資格を取ってみたりとか、ちょっと近所のウォーキングを日課にしてみるとか。

今までやったことのなかったゲームを始めてみるとか、新しい料理を毎日何かしら挑戦するとか。

そんな些細な事でも構わないので、何かしら新しいことを始めると、必ず違う世界が見えてきます。
そして、自分がいかに小さいことでうじうじしているかもわかってくるんですよね。

結局いとこは、いまだに実家でうじうじしています。

けっこう良い旦那さんもいるのに、ほっぽって実家に居座り続けています。
そろそろ離婚になってしまうかもしれませんね。

いいのかそれで…。

せっかく良い顔をもっているんだから、それ生かして何か始めればいいのに。
エステとか?

あ、エステに勤務してうつ病になったんだったな…。
でも何かしらあるはずなんだけどなあ…。

なんかもったいない素材があると、もどかしい気分になります。

こういう時の親の気持ちってどうなんでしょうね。