食材宅配mamades’s diary

食材宅配の体験談や、毎日何かしら事件を起こす子供たちのこと、家事や仕事のことで思う事を色々書いています。

ごはんを食べないと心配になる

私には2人子供がいます。

初めての子供の時、当時は子育てはこんなにも大変なものなのかと絶望していた時期もありました。なにせ 初めての経験でしたからね。

しかし、2人目ができて考えが変わりました。

上の子は本当に手のかからない子だったんだなあと。

初めて経験することって何事もそうだと思いますが、勝手がわからないのですべてが大変なことに思えてしまいます。
しかし、同じことを2回繰り返すと、比べる対象ができるわけでどんなもんかわかります。

そう思うと、2人めの方が手がかかるなあと思ったんです。

まず、上の子にはなかったアレルギー&アトピーがあります。
これは毎日のケアが大切なわけですが、これが最初は本当に大変だった。

手の抜き方が分からないので毎日しっかりやっていたんですが、そのうち面倒に感じてしまうようになったんです。
今は手の抜き方が分かるので、だいぶ楽になり、しかも手を抜くようになってアレルギーの症状が和らいでくるという始末です。

あんまりしかりやりすぎるのもアレなんですね。

そういう点でいえば一人目の育児。
今思えばやって上げすぎだったんですよね。

子供が人泣きしようものならすぐに今やっている作業を中断して飛んでいき、あやす。

夜中にもひと泣きしようものならすぐに飛び起きて抱っこする。

今だったら分かります。

少しほおって置いて様子を見ることも大切だったんじゃないかなあと。

二人目の子はそれを実践しましたが、人泣きしても2~3分放っておく(様子を見る)と泣き止むことは多々あります。むしろ、一泣きを舌抱っこしてしまう方がよりいっそう泣き方が激しくなってしまったりします。

これは新たな発見でした。

適度に適当がよいんですよね。
すべて完璧に、しっかりしようとするから疲れるんですよ。

「泣いている方が健康」って思って子育てした方がいいんです。

泣かない方がおかしい、それは体調が悪い証拠かもしれません。

例えば、子供が転んでしまって頭をぶつけたとします。
そのあと、もし泣いたんだったらひとまず大丈夫です。
痕は様子を見てればいい。

しかし、頭をぶつけた時にもし泣かなかったら、それは非常にまずいかもしれません。

やっぱり子供は泣いているうちは元気なんじゃないかなあと思ったりします。

もちろん、時と場合にもよりますが、子供が泣いているのはお話をしていると考えてもいいのかもしれませんね。

あと心配になるのは、子供がご飯を食べなくなった時。
お腹が空いていないのか、具合が悪いのかわからず、ドギまぎしてしまいますよね。

最近まで私もそんな状態だったのですが、原因が判明しました。
ミルクの飲みすぎです。

なのにやれ病気じゃないかとか心配してしまいました。
ただ単にお腹が空いていなかったんですよね。

子育てなんてそんなもんです。

力を抜くと、けっこう楽しいもんです。