食材宅配mamades’s diary

食材宅配の体験談や、毎日何かしら事件を起こす子供たちのこと、家事や仕事のことで思う事を色々書いています。

恵方巻

恵方巻の季節がやってきました。

どこのスーパーもコンビニでも、看板には恵方巻の文字が並びます。
絶賛予約受付中ですって。

しかし、前から思っていたけれど、恵方巻って何なんでしょう。

 

恵方巻きは、江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりしたのに始まったといわれています。花街で商人や、芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り、食べたようです。名前も恵方巻きという名前ではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれることが多かったようです。「丸かぶり寿司」も「太巻き寿司」も七福にちなんで、7つの具を入れて巻くので、7つの具を入れるのが基本になったようです。

 私はてっきり、中国とか韓国の風習が日本に伝わってきて、ここ2・3年でブームになっているとおもっていたのですが、どうやら日本の風習の様です。これは知らなかったなあ。

毎年違う方向を向きながら、黙って食べなければいけない恵方巻

今年は

2017年(平成29年)今年の恵方巻きの方角は、 『北北西やや右』です。

なんだそれ。どこよ一体。

しかも黙って食べなければいけないって結構ハードル高いですよね。

しかも、恵方巻をカットしてはNGです。
子供たちに食べやすいように切って出してあげるんじゃ意味がないということなのです。

これだと、小さい子供は大変ですよね。
さらに、値段が高くないですか?

安くても500円くらいします。海鮮恵方巻だったらまあ納得の値段なのかもしれませんが、普通の太巻きのような恵方巻でも結構ねだんするんですよね。

これはこの時期だからこその価格なのでしょうか。

しかし、値段が高いだけあって、お味の方はおいしいですよね。
余りはずれがない。

しかも、コンビニの恵方巻は特においしく感じます。
やはり、力を入れて宣伝しているだけはありますよね。

私は今年は食材宅配コープデリ恵方巻を注文しました。

冷凍で来る創なのですが、お味の方はいかがなもんなのでしょうか。
冷凍の恵方巻なんて聞いたことないけど。

小さいのが3本入っているセットを注文してみました。
中には1本で、私の頼んだ3本セットより高いものもあります。

きっと大きさがすごいんでしょうね。

全部で5種類くらいある絵本まきから選ぶことができました。
このように、種類が豊富なのもコープデリの良い所です。

食材宅配の中には、2種類しか選べないものもありましたからね。
恵方巻ならこれ!みたいな感じです。

それだとなんだか寂しいですもんね。