ダイエットにそろそろ本気を出そうと思う

最後の子供を出産してから、早2年がたとうとしています。あれからの私というのは、体重も全然減らず、むしろ増えているし、それなのにはだの衰え、皮の伸びも激しすぎ、見るも無惨なおばちゃんになろうとしています。
ああ、こんなはずじゃなかったのになあ…。

姿見をで自分のからだ( ̄▽ ̄;)を’見るたびに、ああ、全然体重が減っていないよなあ。
というのはわかっていました。

昨日、何を思ったのか、お風呂に入る前に体重計に乗ってしまったんです。
今まで避けてきました。
何を思ったのでしょうか、私。

そこで衝撃の数字を見ることになったんです。
これはマジでヤバイ。
そろそろ本気を出してダイエットしないと、たぶんこれ、非常に不味いと思ったんです。
もうすぐ大台です。

ということで、様々なダイエット方を考えました。
私が人生で一番痩せていたときのダイエットは、夜しか食べないダイエット。

朝からなにも食べないで仕事に熱中をし、夕飯だけを食べます。
その代わり、夕食は何をどれだけ食べてもOK。
もちろん、飲み物は1日何を飲んでもいいですが、できるだけ低カロリーのものにすること。
守ったのはこれだけです。

仕事に
集中すると、お腹が減ることなんてあまり気にならなかったんですよね。
っそれで46㎏まで痩せました。
いまがはプラス15㎏です。そう思うと、この贅肉、ヤバイですよね。

この脂肪で、人間はいったいどれだけいきられるんだろう。
やはり、蓄えておくのではなく、1日使いきりできるだけの脂肪で十分。
今の私は蓄えスギです。
適量を使わないと。正直足腰への負担が大きい上、歩くたびに肉が揺れるのが情けなく感じています。

特に気になるのが、肩の回りに肉がついていること。これがすごく婆臭いんですよね

子供たちにもママ
デブ
だの言われはじめているので、ここいらでママ、本気だします。

一番、私の人生のなかで大成功したダイエット方、夕食だけ食べる方法でいこうと思ったんですが、早速今日の朝食から食べちゃいました。
このあしき習慣から滅さなけっっればいけません。

取り合えず今日は、朝食食べちゃったんで夕食抜きで。その代わり飲み物は飲んでよいので、晩酌はしようかな…ちょっとだけ…

なりたいならやればいい

自分で開業して仕事をする…

私の長年の夢である開業を2年ほど前にしました。

雇われるのはあまり自分んいあっていないような気がしていて、でも子供たちを育てるには仕事をしないといけません。お金は必要ですからね。

そこで何とか頑張っているのですが、どうしても自分一人で仕事をしているとモチベーションが上がりません。

パートと違って、いればいただけお金がもらえる持久性ではなく、成果でお金が決まってきます。
なので「ここでいいか」と思えばそこから収入アップは見込めないですし、妥協すればそこで終わりです。

でもその代わり、本気でやればやった分だけ収入は上がっていきます。

完全成果主義ですね。

だから、いかに自分のモチベーションを挙げていくかというのがカギになってくるわけです。

何か目標を作ってそれに向かってやっていくのが一番良いのです。

そこで考えた目標が「なりたいならやればいい」。

ごもっともな話で、こんな風になりたいと覆ったら、それに向かってただ邁進すればよいという考え方です。

例えば、収入をこのくらいにしたいと思ったとします。
わたしだったら毎月50万はほしいところです。
そうすると、とにかく仕事をがむしゃらにやるしかなくなるわけですよね。

迷っている暇なんてありません。

とにかく早く手を動かしてたくさんの仕事をすること。
効率も考えながら、確実に仕事をこなしていくこと。

もうこれしかないんです。

余計な事で悩んでいる暇なんてありません。

この方法であっているのか、もし失敗してしまったらどうしよう…。

そんな悩みを抱えることもあります。
でもその悩みの答えって、やってみなけりゃわからない、なんですよね。

とにかく手を動かして動かして動かしまくる。

これしか方法はありません。

そうすることで、不安も解消されていくと思うんです。

悩む前にまず手を動かす。
それで失敗したって、それはただの失敗ではなく、価値ある失敗だったりしますよね。

失敗は、自分がしてみないと自分の血肉にはなりません。

失敗を恐れてはいけないんですよね。

失敗で遠回りをしたくないという気持ちはありますが、失敗するまでの過程が大事だったりもするわけですよね。

私は本当に今まで失敗を恐れてばかり来ました。
そうすると、新しいことに何も挑戦できないんですよ、失敗が怖くて。

だから、かなりつまらない人生を送ってきたと思います。

これからは「なりたいならやればいい」を胸に頑張っていこうと思っているので、デスクの前に張り紙をしてみました。

これで少しはやる気がでるかな。

ほんと、何をやるのもモチベーションですよね。

 

パルシステムをやめてみて

実は、私は以前パルシステムという食材宅配をやっていました。
パルシステムというのは、牛がマスコットキャラクターで、生協グループのひとつ。
しかし、食材のこだわりは結構すごいので、ライバルはコープよりも有機野菜を取り扱っているらでぃっしゅぼーやオイシックス、大地宅配などのほうです。

食材の育てかた、加工のしかたにはかなりこだわりをもって作っており、その味は本物。
や大有り美味しいです。ただ、本物過ぎて子供受けはあまりよくないんですよね。少なくとも我が家の子供たちにはあまり
気に入ってもらえませんでした。
その文、大人である私たち夫婦は、おいしいおいしいと食べていましたけどね。

そんなパルシステム、実は先日でやめってしまいました。
理由は、美味しいけれど、子供たちがあまり食べてくれなかったからです。

これは今までの私の責任かもしれません。
極力無添加にしてくれているパルシステムの加工品は、素材そのものの味がしっかりしていて素晴らしいのですが、子供にはどうもそれがダメみたいなんです。
今までが添加物の力を借りた食材ばかり食べてきたし、全体的に薄味(私にはちょうどよい)なので濃い味好きの子供たちはの食があまりすすみませんでした。

子供たちのためにと思ってにゅ介したパルシステムでしたので、これでは 意味がありません。

値段も近所のスーパーの2~3割り増しだったので、そうたくさんは購入できない家計の事情もありました。

そろそろ入会特典である配送手数料無料の期限も来そうだったので、おっもいきって退会しました。

退会して何ヵ月かしたいま、すごくあの味が恋しいです。
ああ、までっこチキンナゲット…。
こだわり酵母食パン…
あああ…。

書くってストレス発散

始めた当初は全然そんな気がなかったのですが、なんだかブログが愚痴の掃き溜めになってしまっていることに気が付きました。

別に誰かに読んでほしいと思って書いているわけではなく、ただ自分の心の声をひたすら打ち込んでいるだけです。

でも、これがなかなか楽しい。
読み返すと全く文章になっていない箇所もあるんです。
誤字脱字が多いほど、ああ、私怒り狂っているなあと振り返ることができます。

口は災いの元なので、愚痴は絶対に口には出さないようにしています。
しかしそれだと、汚いものを心の中にため込んでいる様で精神的には気持ち悪いんですよね。
それでモンモンとしている自分が嫌いです。

そこでその気持ちをブログに書くと、実はすっきりストレス発散になっているという事が分かります。
明日への活力が生まれてくるんです。

そして何より気に入っているのが、はてなブックマークのフォント。
読みやすいしかわいい。

これを打ち込んでいるのが私と思うと嬉しくなります。
どんどん文字を打ち込みたくなってきます。

言葉に出さないってのは、おしゃべりな女性にとってはストレスかもしれないですが、実はパソコンで思いを吐き出すってのもなかなか悪いものではありません。
現にしゃべった気になってますしね。

所でパソコンに打ち込むことも書くって言っていいのかが分かりませんが、思ったことをつらつらと、なんも考えないで打ち込むこういってかない楽しいです。

もしこれがサイトを作るとなると読み返したり修正したりで、それはそれでストレスになってしまいます。

私のこのブログは、絶対に読み返しません。

誤字脱字も、気が付けば直すけど気づかないふりをしたりすることもあります。
誰にも読まれないつもりで書いています。
なのでただのストレス発散の場になってしまっています。

他にも、このブログを始めてよかったことは、タイピングの速さが早くなったこと。
1000文字なら10分で書けるようになりました。
あ、もちろん、ただのタイピングだけです。
試行錯誤とか文章の構成を考えたりは全くしなくて、ただ単に打ち込むだけだったらこの速さでできるようになりました。

まだまだ練習すれば、もっと早くなるかもしれませんね。

あとは、自分の頭の中で文章を考えながらやれば、もっと読みやすい文章になるかもしれません。
これは 訓練ですよね。

今は1か月に1回の更新スピードですが、これ、毎日練習したら夢も夢ではなくなるかもしれません。

ネットスーパー

皆さんはネットスーパーを使ったことがありますか?私は昔、イトーヨーカドーのネット巣0パーを使ったことがあります。

その時は子供を生んだばっかりで、あまり産後の体力回復が思わしくない上に乳飲み子の世話。
買い物に行く心と体力の余裕なんて全くありませんでした。

そんなときに、つけっぱなしにしていたテレビから流れてきたのが、イトーヨーカドーネットスーパーのCMだったんです。

ネットで調べてみたら、私のすんでいる場所も配達範囲内だったので、早速お願いをしていることにしました。

値段はヨーカドーでんお販売価格と同じなので、結構安いものは安いし、赤ちゃん本舗と提携しているので、子供用品も購入可能。
つまり、かさばるおむつや重い粉ミルクもひたつしてくれます。

そしてありがたいのは、定期配達ではないところです。
注文したいときだけ注文できるし、たしか5千円以上購入すれば送料は
ただになります。

お寿司やお総菜も充実しているので、本当に困ったときにはお願いしていました。

調べてみると、イオンもにたようなサービスをやっているようですね。
本当に便利な世の中になったなあと、つくづく感じています。

近くに店舗があれば、そこから配達してくれるようです。
スーパーにいってみてきたんですが、注文が来たら店員さんがリストを’見ながら、ひとつひとつピッキングしていくようです。

食材の目利きは店員さんによりそうですが、私が見た感じだと、その店員さんはベテラン主婦の方って感じでした。

梱包も丁寧だったし、これは結構使えるサービスですね。
毎週使う食材宅配のほかに、ピンポイントで使いたいのがネットスーパーかなと思っています。
注文期限が決まっていないというのがポイントです。

毎週決められた曜日に配達される食材宅配を利用しつつ、注文し忘れ、もしくは何かイベントがあって急に食材が大量に必要になった場合などには使えると思います。
私がネックにしているのは、配送手数料です。
この問題さえクリアできれば、使えると思います。
やっぱり無料がいいですもんね。

そして、私が勝手に思っていることですが、イオンよりもセブンのプライベートブランドの方がおいしい!
なので、私はもし注文するならイトーヨーカドーにしちゃってます。

人に好かれることが成功への近道なのか!?

人生の成功者になりたい…
人よりも上にいきたい…
そう思うことで人生に張り合いが出てくることは間違いありません。
やはり
○ライバルを作ること
○悔しい思いをして「この人には負けないぞ」と思うこと
は、だらけきった自分にカツをいれてくれるのは間違いありません。

人より上に行くために、まずは自分が成功しなければいけないわけですが、では実際、どのようにすれば成功者になれるのでしょうか。

成功者と言っても、どれをもって成功したと言えるかは人それぞれですが、ここでは仕事が成功する、ということに焦点を当てて見ましょう。

仕事を成功させるためには、給料を揚げるためには、まず出世をする必要があります。
出世をする旅に、給料が上がっていくのはどこの会社でも同じですよね。

ではどんな人が出世できるのかを考えてみましょう。それは「人にすかれている人」ではないでしょうか?

仕事経験の豊富でいて、人柄がよい人の方が早く出世できていませんか?

友達関係でもそうですが、人当たりのよい人の方が、やはり友達は多いように思います。
では、人にすかれるためには府ぉ卯したらよいのでしょうか。

○人の名前をすぐに
覚えること
○穏やかな人間になる
○どんなことがあっても心を取り乱さない
○自分をひけらかさない
○幅の広い人間になる
○人を好きになる
○成功した人にはお祝いの言葉をかけ、失望している人には慰めの言葉を。
○他人の精神的力になる

ある本にはこのようなことがあ書いてありましたが、正直私にはしっくりきませんでした。
しかし、っこの言葉奈良わかります。

自分かr進んで友情を結ぶ
相手から話しかけられるのを待っているようだと、絶対に友達は増えません。

人の欠点をゆるす
人間誰しも、ひとつや二つ欠点はあるものです。
自分に立ってそうです。
そこを重点的に見るのではなく、できれその人のよい面だけを見るように努力すると、相手がとっても魅力的にみえるようになります。

会話を人に譲る
会話を独り占めするようになると、相手は間違いなくその場を楽しめません。
しかも、自分ばかり話をしていると、自分が得られるものは何一つありません。
人の会話を引き出して、自分のためになるような話を引き出してあげるようにします。
そうすること、相手は話ができてスッキリするし、じぶんはためになることを聞くことができてウィンウィンです。

このようなことを気を付けることで、人から引き上げてもらえるようになるらしいです。
本当にそうなのかはわかりませんが、でも、これを実行して相手を気づつ蹴るということはないでしょう。
むしろ、相手が喜んでくれることは間違いないです。

まず相手のことをよく考える…ですね。

どうなのよ

うつのいとこが「もっと運動やっておけばよかった」と正月の親戚の集まりで言ったそうです。

それにモノ申します。

「今から運動やればいいじゃん」

この発言は、「文科系のおしとやかな部活をやらないで、運動系の活発な部活をやっていればこんな鬱にならなかった。運動系の部活に反対した親が悪い」という意味合いが含まれています。

完全に、自分が打つになった理由は親のせいだという事になっています。

このいとこは、今の自分が嫌いなんでしょうね。
でも、その文科系の部活をやっていた時の彼女は輝いていました。

すごくかわいくて有名だったし、もてまくっていたし。
しかし今は、顔が暗い。
そして老けが激しい。
昔の面影はどこへやらです。

そうやって人のせいばっかにしてっから這い上がれないんだよっ!って言いたいけれど、こういう事言ったらダメなんですよね、うつの人には確か。

なんだかなあって感じです。

私だったら、今すぐ運動始めますけどね。
もし自分がやりたいと思ったら。

とにかくやってみないと今の自分からはいつ会で経っても脱却できないのは真実です。
そして、何か新しいことを始めたから合われることって結構あります。

例えば、運動でなくても、何かの資格を取ってみたりとか、ちょっと近所のウォーキングを日課にしてみるとか。

今までやったことのなかったゲームを始めてみるとか、新しい料理を毎日何かしら挑戦するとか。

そんな些細な事でも構わないので、何かしら新しいことを始めると、必ず違う世界が見えてきます。
そして、自分がいかに小さいことでうじうじしているかもわかってくるんですよね。

結局いとこは、いまだに実家でうじうじしています。

けっこう良い旦那さんもいるのに、ほっぽって実家に居座り続けています。
そろそろ離婚になってしまうかもしれませんね。

いいのかそれで…。

せっかく良い顔をもっているんだから、それ生かして何か始めればいいのに。
エステとか?

あ、エステに勤務してうつ病になったんだったな…。
でも何かしらあるはずなんだけどなあ…。

なんかもったいない素材があると、もどかしい気分になります。

こういう時の親の気持ちってどうなんでしょうね。